一般貨物自動車緑ナンバー

TRUCK LORRY

一般貨物自動車運送事業経営許可申請  

​新規申請

​550,000円~ (見積もりによる)

上記金額とは別に法定費用が発生します。(登録免許税 120,000円)
※緑ナンバープレートの主張封印を依頼される場合は報酬として別途料金が発生します。

※幅員証明・不動産登記簿などの取得依頼は別途費用がかかります。

​※法令試験の受験数によっては許可取得前に報酬をお支払い頂きます。

​申請条件(要件) 場所・車両・人・お金

●場所の要件

​(事業所として申請する住所地)

●事務所の要件

(休憩所の設置・休眠室が必要な場合はドライバーの

​ 人数×2.5㎡が必要)

​市街化調整区域ではない事

市街化区域(用途地域指定以下の場合)でない事​

・第一種低層住居専用地域 

・第二種低層住居専用地域

・第一種中高層住居専用地域

不明な場合は別途お調べしますので

お伝えください(有料)

●車両台数 5台~

軽自動車以外の貨物車で申請時には5台からの申請となります。

トラック等でなくても貨物4ナンバーなら乗用車でも​申請できます。

(プロボックスやピックアップなど)

申請時までに車両を確保しておく

              必要があります。

​(見積りなどの場合は別途理由書等を

           つける事で申請が可能)

●人の要件

 

​1,法令試験合格者

2,運行管理者

3,整備管理者

1,申請後、法人の場合は役員(法人登記簿上)

  個人事業主の場合は本人が試験を受けます。

  申請月の翌奇数月に各運輸支局にて実施

  2回不合格で申請取り下げ又は申請却下処分

2,運行管理者の選任が必要

  運行管理者資格が必要です。試験に合格して

  資格を得る必要があります。

  受験資格としては、1年以上の実務経験(補 

  助者等も可)、又は基礎講習(独立行政法人

  自動車事故対策機構)などで受講する事で

  受験資格を得ることが出来ます。

  講習は3日間連続で行われます。

3,整備管理者の選任が必要

  整備管理者資格が必要です。

  もちろん、整備士の資格があれば大丈夫。

  また、ドライバーとの兼任も出来ます。

  実務経験2年で整備管理者選任前研修を受け

  る事で整備管理者に選任する事が出来ます。

  実務経験は運送事業(緑ナンバー)での経験 

  を問わず、白ナンバー事業での構いません。

  ただし、整備管理者を既に選任している事業

  である事が条件となりますので、軽貨物やレ

​  ンタカー事業などは事前に確認が必要です。

 

●お金

運送事業開始に必要な資金

​(人件費・燃料費・保険代など)

用意する車両によってはかなり費用が

変わってくる所かと思われますが、

​概ね1500万から2000万が必要になってきます。

申請前の1週間前後の時点で残高証明書を取得し

添付しますが、申請後に再度残高証明書の提出を

求められます。

この時に申請時の残高を下回ってはいけない為

俗にいう『見せ金』は通用しません。

上記のような、条件をクリアーした時点で申請が可能となりますので
準備から逆算すると1年ぐらいのスパンで動いていかないと運輸開始にたどり着かない
非常に長期に渡る許認可になります。

キュウマ事務所では、事業者様がスムーズに事業開始を出来るための
全サポートを致します。

​運送事業をお考えの方は一度、お電話下さい!!